施工前

10年以上経過した屋上防水。屋上防水の改修工事です。


   

金物撤去

既存の笠木を一時撤去。既存の笠木の状態を見て再利用できる物は再利用し無駄な工事料金を軽減致します。


   

清掃・下地処理

苔や泥など既存防水層の上を洗浄清掃します。また浮きや剥がれ部分を丁寧に検査し補修します。ドレン廻りの処理もこの作業では重要な作業です。


   

下地活性剤

既存防水層の上に新規の防水層を貼るための下地活性剤を塗布します。これを塗布する事によって新規の防水層と の密着性を高めます。
 


   

新規アスファルト防水

一番下の方(ドレン)からアスファルト防水を炙り着けます。防水層のジョイントが重要になっ てくるのでしっかり炙りジョイ ントさせます。


   

保護塗料塗布

保護塗料の塗布。防水層の対光性を向上させ防水層の寿命を延ばします。塗料の色は主にシルバー・グレー・グリーンなどがあります。


   

金物取り付け

既存笠木の再利用。既存笠木を美装し取り付けします。特にアルミ笠木の場合は再利用出来るケースが多いです。


   

完了

防水改修工事の完成です。オーナー様に確認して頂き不備な点は改善し引渡します。後日必要書類を添付し防水工事の完了です。


   

清掃・下地処理

清掃、下地処理を行います。下地の突起や掛けなどがある場合は、事前に整形します。この時に入り隅処理(面木もしくはパテ処理)も同時に行います。


   

ドレン取り付け

下地に専用コア抜きで穴を開け、既製の塩ビドレンを取り付けます。この時、ドレン廻りから漏水がしないように 、しっかり固定し、防水処理を行います。


   

プライマー加工

下地との密着を高めるために、専用のプライマー(接着材のようなもの)を塗布します。この時均一に塗布するととが重要です。下地の状況に応じては、2回、3回と塗布する場合があります。


   

ガラス繊維貼り付け

ガラスマットを貼る時に規定のラップをしっかりとり積層していきます。また、浮きやシワが無いよう十分に配慮し施工します。


   

 
上塗り

上塗りをする前に、もう一度浮きやシワをチェックし、ある場合は補修を行います。その上で上塗りを行い、樹脂を均一に塗布します。


   

保護塗料塗布

最後に、保護塗料を塗布します。この時にもう一度仕上がりをチェックし問題なければ、保護塗料の塗布です。


   

完了

FRP防水の完了です。保護塗料のカラーはバリエーションに富んでます。お好きな色をお選び頂きます。べランダのガーデニングに一工夫いかがですか。


   

既存防水層撤去

既存アスファルト防水層を撤去します。基本的には立上り防水層の撤去のみですが、床の防水層の状態が悪ければ全面撤去します。このとき、状況にもよりますが防水層撤去なので、雨養生は欠かせません。


   

下地処理

既存防水層の種類により下地処理の方法が異なりますが、この場合は全面防水層撤去なので、樹脂モルタル処理を行います。できればカチオン系の物が好ましいでしょう。


   

絶縁マット・補強布貼り

床に絶縁マットを敷き、立上りは補強布を貼ります。この方法は属に国土交通省仕様のX−1工法になります。絶縁マットを敷き脱気筒を設置することにより、下地の湿気を逃がしフクレを防止します。また、立上りは補強布を入れることにより防水層の破断を防ぎ、確実な防水層を成形します。


   

ウレタン防水材塗布(1回目)

1回目のウレタン防水剤を塗布します。このときは均一にウレタン防水剤を塗布し防水層を形成します。特に塗りムラ・塗り残しがないように注意が必要です。

             
   
ウレタン防水材塗布(2回目)

2回目のウレタン防水剤を塗布します。この時にもウレタン防水剤を塗布する前に事前にチェックをして、不備な所は手直しをして、2回目のウレタン防水剤の塗布に入ります。1回目の時と同じ様に万全の注意を払いながら、防水層を形成します。


   

保護塗料塗布

最後に、保護塗料を塗布します。この時にもう一度仕上がりをチェックし問題なければ、保護塗料の塗布です。保護塗料のカラーはバリエーションに富んでます。お好きな色をお選び頂きます。


   

完了

防水改修工事の完成です。オーナー様に確認して頂き不備な点は改善し引渡します。後日必要書類を添付し防水工事の完了です。


Copyright©2005 Kaisei Industry All Right Reserved.